映画レビュー

1/5ページ

『夜の蝶』は黄金期の日本映画の力を見せる「大映ドラマ」の秀作

日本映画が黄金期を迎えた昭和30年代の大手スタジオのひとつ大映、その後テレビでも「大映ドラマ」というひとつのフォーマットを築く映画スタジオがその力をいかんなく発揮したのが映画『夜の蝶』。 当時の看板女優、京マチ子と山本富士子の二人を主演させ、監督吉村公三郎、撮影宮川一夫で夜の銀座の強い女と情けない男たちを描ききった。 映画『夜の蝶』の概要 銀座のバー・フランソワは著名人が訪れる名店でそのママのマリ […]

是枝裕和監督は『DISTANCE』でドキュメンタリーとフィクションの境界を揺るがした。

いまや日本を代表する映画監督の一人となった是枝裕和が2000年に監督した長編第3作。カルト教団をモチーフに、ドキュメンタリータッチで加害者の遺族の心理を描いた。 当時モデルだったARATA(井浦新)と伊勢谷友介を『ワンダフルライフ』に続いて抜擢、俳優としてのキャリアの第一歩となった。 映画『DISTANCE』の概要 カルト教団が水道水にウィルスを混ぜ、多数の被害者を出す事件がおきてから3年。3年目 […]

『誰も知らない』は実は少年・柳楽優弥のドキュメンタリーである

『万引き家族』でカンヌ映画祭パルムドールを受賞した是枝裕和の長編第3作で柳楽優弥がカンヌ映画祭で史上最年少(当時)で男優賞を受賞した作品。 実際にあったネグレクト事件をモチーフに、家族を描いたヒューマンドラマ。 映画『誰も知らない』の概要 新しいアパートに引っ越してきたけい子と明の親子、引越しが終わって、スーツケースから弟と妹が、そして電車でやってきたもう一人の妹。彼らはそれぞれ父親の違う4人の兄 […]

『歩いても 歩いても』が描く家族のおかしみと歪みから見える「社会」

映画『歩いても歩いても』の概要 年老いた両親の家、娘のちなみとその家族が訪れている。そこに息子の良多が結婚して間もない妻と連れ子を連れてやってくる。母はみながやってきて嬉しそうだが、頑固者の元医師の父は診療室にこもって出てこない。実はこの日は以前になくなった長男の命日、両親が長男の思い出を語るのを良多は苦々しい思いで聞く… 『誰も知らない』の是枝裕和監督が、ある家族のある一日を描いたホームドラマ。 […]

京マチ子の『黒蜥蜴』は圧倒的面白さの娯楽映画、そして最高のB級映画。

江戸川乱歩の明智小五郎シリーズの一作を三島由紀夫が戯曲化し、新藤兼人が脚本家、井上梅次が監督し、京マチ子が主演したという豪華な作品。だが、仕上がりはB級映画で、しかも最高のB級映画だ。 クエンティン・タランティーノは『キル・ビル vol.1』に登場するオーレン・イシイのキャラクターをこの黒蜥蜴(深作欣二監督丸山明宏主演版と思われるが)をモデルにして作り上げたという逸話もある。 映画『黒蜥蜴(196 […]

処女作『アメリカの影』でジョン・カサヴェテスが生み出した快感

アメリカ・インディペンデント映画の父ジョン・カサヴェテスの処女作。マンハッタンを舞台に即興演出で若者の日常を描き、アメリカ社会とアメリカ映画の暗部をえぐる。 まだまだジョン・カサヴェテスらしさは弱めだが、インディペンデント映画らしいエッジの効いた映画ではある。 カサヴェテスの『アメリカの影』が見放題で見られるシネフィルWOWOWが今なら60日間無料。 映画『アメリカの影』の概要 ニューヨーク、マン […]

フェリーニの『8 1/2』は幻想と現実で紡ぐフェリーニの自伝的寓話

イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニの代表作と言われる『8 1/2』、マルチェロ・マストロヤンニがフェリーニの自伝的主人公を演じ、現実と幻想が混在する世界をリアルに描く。 フェリーニの幼少時代とは、フェリーニのハーレムとは、わかるようでわからないけれど面白い不思議な世界。 フェリーニの『8 1/2』が見放題で見られるシネフィルWOWOWが今なら60日間無料。 映画『8 1/2(はっかにぶんのいち) […]

たまにはこんな映画も『スペンサー・コンフィデンシャル』は予定調和のバディ・ムービー

元警官のスペンサーが相棒のホークと汚職警官の悪事を暴くアクションコメディ。白人と黒人の凸凹コンビというバディ・ムービーの王道でマーク・ウォールバーグが主役を演じる。 ものすごい面白い作品というわけではないが、安心して見られる娯楽映画で、休日の午後にぼんやりと見て息抜きをするのにはピッタリの作品。Netflix独占配信。 映画『スペンサー・コンフィデンシャル』の概要 汚職の疑いがある上司ボイランに暴 […]

『リーサル・ウェポン3』は爆破多めだけど安心して見られるバディ・ムービー

メル・ギブソンとダニー・グローヴァー主演の『リーサル・ウェポン』シリーズの第3作。今回は武器密売組織を内部調査部のコール刑事と追う。いつものように笑いあり、アクションあり、爆破ありで安定のバディ・ムービーとなっている。 前作から登場のジョー・ペシに加えレネ・ルッソが主要登場人物を演じるメンバーに仲間入りしパワーアップしたとも言える。 映画『リーサル・ウェポン3』の概要 爆弾騒ぎが起きたビルに到着し […]

『リーサル・ウェポン2』は大人の男のおとぎ話、すべてが繋がる展開の妙

メル・ギブソンとダニー・グローヴァーのコンビでヒットを記録した『リーサル・ウェポン』の第2弾。麻薬課からの応援だったメル・ギブソン演じるリッグスが刑事課に配属になり正式に2人は相棒に。2人で南アフリカも絡む事件の解決に挑む。 4作作られた『リーサル・ウェポン』シリーズの中でも一番面白いと評価の高い作品。本当に面白いです。 映画『リーサル・ウェポン2 炎の約束』の概要 2台の車とのカーチェイスの末逃 […]

1 5