『二重生活』のミステリーの面白さと、その背景にある社会と愛への深い眼差し

『二重生活』のミステリーの面白さと、その背景にある社会と愛への深い眼差し

『ふたりの人魚』『パリ、ただよう花』などのロウ・イエ監督が、ひとりの女性の死をめぐり、複雑に絡み合う男女の関係を描いたミステリードラマ。

背景には、一人っ子政策など現代中国が抱える課題があり、ロウ・イエ監督らしう愛をテーマにしつつ、社会との関係も描いた作品。

映画『二重生活』の概要

会社を経営する夫ヨンチャオと一人娘アンアンと裕福な生活を送るルー・ジエは同じ幼稚園に通うユイハンの母サン・チーと「ママ友」になる。ある日、サン・チーに「相談がある」と言われて入った喫茶店で、夫が若い女とホテルから出てくるのを目にしてしまう。

ある雨の日、交通事故で若い女性が亡くなる。その女性はヨンチャオの愛人スン・シャオミンだった。検死の結果事故の前に頭部に頭部に打撃を受けたあとがあると聞いた刑事トンは、携帯のメールからヨンチャオを割り出し、話を聞きに行く…

浮城謎事 Mystery
2012年/中国・フランス/98分
監督:ロウ・イエ
脚本:ロウ・イエ、メイ・フォン、ユ・ファン
撮影:ツアン・チアン
音楽:ペイマン・ヤズダニアン
出演:ハオ・レイ、チン・ハオ、チー・シー、ズー・フォン

ミステリー色で見やすいドラマに

ロウ・イエ監督のこれまでの作品は「愛」をテーマに、見る者の真理をえぐってくるような作品が多く、見ていると内へ内へと思考が流れていってしまう感じがした。

それと比べるとこの作品はミステリーなので、ストーリーに興味が行って非常に見やすい。

最初に提示される交通事故、続いて登場する一人の男とふたりの女、その4人の関係がどういうものなのか、そこが一番のミステリーとして大きく存在し、それが「いったいどうなるのか」という興味で映画を見進めることができる。

なので、ストリーのことはあまり言わないことにするが、結構細かくミステリーを解く鍵が配置されていて、さらに刑事とその友人のスン・シャオミンの元カレも登場することで推理の幅が広がって面白くなっていくので、普通にミステリーとしてみても十分面白いということだけ言っておきます。

背景にある中国の社会問題

ここからは少しネタバレするので(と言ってもあらすじに書いてあるし、邦題が『二重生活』なので大体の人はわかると思うが)あれですが、ヨンチャオの二重生活というのは、中国では意外とよくあることらしい。

その背景を推察させのが、ヨンチャオの両親が「男の子が欲しかった」といってユイハンをかわいがっていると告げるシーン。

このシーンが意味するのは、男子を重視する中国社会で一人っ子政策が行われていることで、正当な手段ではなくても男の子を儲けようとする人々の存在だ。

これは非常に根深い問題で、中国では人口の男女比がおかしなことになっていて、その背景には子供を生む前に女の子だとわかると中絶してしまうケースが多発していることなどがあると言われている。

この短い映画では底まで描くことができなかったが、中国人にとってはある意味身近な問題であり、外国人にとってはそんな問題があるのかと注意を引く役にはたっていると思う。

ヨンチャオにとっての「愛」とは何か

これまでの作品『ふたりの人魚』『パリ、ただよう花』でも「愛」について深堀りしてきたロウ・イエ監督はこの作品でも「愛」について語っているのだろうか。

この作品出会いについて考えるなら、やはりヨンチャオの行動に注目しなければならない。彼あは二人の妻がいるのにさらに愛人とも関係を持っている。そして、愛人はともかく、二人の妻には「愛されている」ように見える。

ただ、物語全体を通してみると、この二人には違いがあり、本妻のルー・ジエとの間にあるのは『パリ、ただよう花』でも書いたがある種の「文化的な愛」であり、サン・チーとの間にあるのは「原始的な愛」であるように見える。

それは二人の妻が抱いている愛とも呼応していて、それが現れるのは愛人スン・シャオミンに対する態度の違いである。言葉で説明されるわけではないので思い込みの部分もあるかも知れないが、彼女たちの表情から、ルー・ジエが抱いているのは対面を傷つけられたことへの怒りであるのに対して、サン・チーが抱いているのは心からの嫉妬であるように見える。それは、サン・チーのルー・ジエに対する態度にも現れる。

そう考えるなら、この作品が最終的に描こうとしているのは、社会によって家族のカタチや愛のあり方はある程度規制されるが、愛の本源にさかのぼってしまえば、答えは同じだということなのかも知れない。

人はなぜ求め合うのか、ロウ・イエはその問の答えを探し続ける。

『二重生活』が見られるVOD

映画『二重生活』が見られるVODは以下の通りです(2020年5月現在)。

2,189円/月
31日間無料
二重生活定額見放題
500円/月
30日間無料
二重生活定額見放題
2,417円/月
30日間無料
二重生活レンタル

UPLINK Cloudの60本3ヶ月見放題でも見ることができます。

『二重生活』の次に見るべき映画

ロウ・イエ監督の作品群をぜひ。

ロウ・イエ監督作品リスト