『リーサル・ウェポン4』シリーズは最後まで娯楽アクションを貫きバディは不滅

『リーサル・ウェポン4』シリーズは最後まで娯楽アクションを貫きバディは不滅

『リーサル・ウェポン』シリーズも第4作。出演者にクリス・ロックとジェット・リーを加え、今度はチャイニーズ・マフィアを相手にリッグスとマートフのロートル刑事コンビが大活躍。

シリーズも4作目になるとパワーダウンも予想されるが3よりむしろパワーアポプして有終の美を飾った。

映画『リーサル・ウェポン4』の概要

リーサル・ウェポンシリーズも4作目。今回はチャイニーズ・マフィアが相手。

LAPD(ロス市警)の壊し屋コンビ、リッグスとマートフが私立探偵のリノと一緒にマートフのクルーザーで釣りをしていると、近くの船で銃声が。その船に乗り込み、銃撃戦の末、港に曳航すると、戦争にはたくさんの中国人密航者が押し込まれていた。

そこから、チャイニーズ・マフィアが絡んできていつものようにアクションの連続。銃撃と爆破で痛快。今回はジェット・リーも登場し、楽しみもりだくさん。いつものように笑いもしっかり仕込まれている。 

Lethal Weapon 4
1998年,アメリカ,128分
監督:リチャード・ドナー
脚本:チャニング・ギブソン
撮影:アンジェイ・バートコウィアク
音楽:マイケル・ケイメン、エリック・クラプトン、デヴィッド・サンボーン
出演:メル・ギブソン、ダニー・グローヴァー、ジョー・ペシ、レネ・ルッソ、クリス・ロック、ジェット・リー

ド派手なアクションとバディの信頼関係が痛快さを生む

個人的にリーサル・ウェポンシリーズは好きです。しかし、3で少しパワーダウンしたので、あまり期待せずに見ました。ところが、クリス・ロックとジェット・リーという新メンバーが効いたのかかなりの痛快作。メル・ギブソンもダニー・グローヴァーももう歳ですが、それをネタにして作ってしまうところが、このトリオ(上の二人+リチャード・ドナー)のすごいところ。

なんと言っても、本筋とはまったく関係ない最初の爆破シーンにこの映画のすべてが込められているでしょう。ただ笑いをとって、銃撃戦して、豪勢に爆破したい。それがこの映画の目的なのです。だから面白い。ヒューマニズムとか、恋愛だとか、そういったものは観客へのサービス。

まさしく、優秀なハリウッド娯楽アクション映画ですね。こんな映画を作れるうちはハリウッドもまだまだ健在というところでしょうか。

『リーサル・ウェポン4』が見られるVODは

2,189円/月
31日間無料
1,026円/月
2週間無料
500円/月
30日間無料
2,417円/月
30日間無料

550円/月
31日間無料