『リーサル・ウェポン2』は大人の男のおとぎ話、すべてが繋がる展開の妙

『リーサル・ウェポン2』は大人の男のおとぎ話、すべてが繋がる展開の妙

メル・ギブソンとダニー・グローヴァーのコンビでヒットを記録した『リーサル・ウェポン』の第2弾。麻薬課からの応援だったメル・ギブソン演じるリッグスが刑事課に配属になり正式に2人は相棒に。2人で南アフリカも絡む事件の解決に挑む。

4作作られた『リーサル・ウェポン』シリーズの中でも一番面白いと評価の高い作品。本当に面白いです。

映画『リーサル・ウェポン2 炎の約束』の概要

2台の車とのカーチェイスの末逃げられてしまったリッグスとロス市警の面々、しかし、乗り捨てられた車のトランクからは大量のクルーガー金貨が。その黒幕はリッグスとマータフを邪魔者と考えて排除しようとする。市警は2人をFBIの証人の保護にまわし、危険から遠ざけようとするが、2人がそのまま引き下がるわけもなく、証人を連れて事件の真相を暴きに向かう…

リーサル・ウェポン』シリーズの第2作。リッグスの自殺願望、麻薬課からの助っ人という設定が外れて、純然たる刑事もののアクションに。練りに練られた展開にうなること間違いなし。

Lethal Weapon 2
1989年,アメリカ,114分
監督:リチャード・ドナー
原案:シェーン・ブラック、ウォーレン・マーフィ
脚本:ジェフリー・ボーム
撮影:スティーヴン・ゴールドブラット
音楽:マイケル・ケイメン、エリック・クラプトン、デヴィッド・サンボーン
出演:メル・ギブソン、ダニー・グローヴァー、ジョー・ペシ、パッツィ・ケンジット、ジョス・アックランド

人間ドラマの要素は薄れ純粋なアクションコメディに

前作は確かに面白かった。それは2人の男の物語であり、事件を追う刑事もののアクションではあるけれど、人間の物語であった。それは純然たるアクション映画というよりは、コメディの要素を持ち合わせた人間ドラマであった。

この第2作では、リッグスとマータフの関係性が確立され、リッグスはマータフの家族と深い付き合いにあるところから物語が始まる。そこでは人間関係は安定し、ドラマは生まれにくくなっている。それによってこの作品は第1作とはまったく違う映画になる。純然たる刑事アクション、凸凹コンビが巨悪を暴く、痛快アクションとなっているのである。そして、それがとてつもなく面白い。

ちょうど東西連戦が終結した1989年に作られたこの映画、アメリカの外に巨悪は存在しなくなり、映画は作りにくくなった。そこで南アフリカを悪役にするというのは少々短絡的すぎるという気はするが、まあ、それはそれ。基本的にB級映画なのだから仕方ないとしておこう。

すべてのシーンがつながる抜群の展開力

そんなことよりも、この映画はとにかく面白い。第1作は登場人物たちが最大の魅力であり、そのキャラクターに魅せられたが、この作品ではその物語、映画の展開の仕方に魅せられる。

なんといっても、映画のすべてのシーンがつながっている。映画の最初のほうで登場するどうでもいいようなシーンが後からつながってくる。そして、その一つ一つのシーンの意外性と面白さ。たとえばひとつネタばれすれば、マータフが署に入っていくと、リッグスが拘束衣を着せられてもがいている。それがまずショッキングというか、ついにという印象と、何やってんだ? という疑問の間くらいの感じで面白いし、それが「5分で抜け出せるかどうか」賭けをしているというのがまた面白い。そしてリッグスは肩の関節をはずして抜け出してしまう。それはそれだけのエピソードかと思いきや、それが後々効いてくるのだから、この映画は本当にすごい。

そんな風にして綿密に練られたシーンとシーンのつながり、ひとつのカットが後々意味を持ってくる面白さ、そしてその一つ一つのシーンの面白さ。それが何度見ても面白いということを考えると、これはある種の御伽噺なのかもしれないとも思う。男のための御伽噺。

主役の2人は第1作と比べるとヒーロー然としてしまったけれど、第1作から付け加えられたリオ・ゲッツという登場人物がサゲというか、映画を日常に引き落とす役割をしていて、観客が映画に入り込みやすくしている。2人が少し超人的になってしまっても、リオがいるので、観客も安心して2人と一緒に戦っている気分になれる。

こんなに面白い映画だけれど、やっぱりどこかB級な感じも残している。それがまたいいんだなぁ。

『リーサル・ウェポン2』が見られるVODは

映画『リーサル・ウェポン2』が見られるVODは次のとおりです(2020年3月現在)。

2,189円/月
31日間無料
1,026円/月
2週間無料
500円/月
30日間無料
2,417円/月
30日間無料
550円/月
31日間無料