ポイントで最新映画や「水曜どうでしょう」が見られるTSUTAYA TV

ポイントで最新映画や「水曜どうでしょう」が見られるTSUTAYA TV

数ある動画配信サービス(VOD)の中で老舗の一つと言えるTSUTAYA TVは、その歴史を生かしてか扱うコンテンツの量はかなりのもの。ただ、見放題のサービスについてはほかより見劣りすると言わざるを得ません。月額1,026円のサービスの内容はどのようなものか解説していきます。

動画見放題の月額料金は1,026円、レンタルDVDつきのプランも

TSTUAYA TVはレンタルビデオ時代から映画など動画コンテンツを扱ってきたTSUTAYAが運営する動画配信サービスです。このサービスの月額料金は1,026円(税込)、動画配信サービスとしては高くも安くもない、標準的な価格だと思います。

TSUTAYAの最大の特徴は、店舗や郵送によるレンタルDVDサービスがセットになるプランがあること。あわせると主に4つのプランから選択できます。

月額料金(税込)プラン内容無料体験
動画見放題プラン1,026円動画見放題+毎月1100ポイント
定額動画ポイントプラン1,089円~
*1
毎月ポイント(1300ポイント~)で動画を見る
動画見放題+定額レンタル82,658円動画見放題+宅配レンタル8枚(旧作は借り放題)+毎月1100ポイント
TSUTAYAプレミアム1,100円~
*2
動画見放題+店舗で旧作DVD・ブルーレイ借り放題
*3

*1 定額ポイントプランは1,089円で1300ポイント、2,178円で2600ポイント、3,267円で3900ポイント、4,356円で5200ポイントが付与され動画のレンタルなどに使える。
*2 TSUTAYAプレミアムの料金は店舗ごとに異なる。
*3 一部店舗のみで実施

見放題作品数は約9,600、有料配信作品数は約15,000、DVDは約74,000

各プランでどれくらいの作品を見ることができるか(2020年1月現在)を見ると、TSUTAYA TVの見放題作品数は9,619、配信作品総数は23,402、宅配レンタルはDVDで73,783となっています。実店舗は店によって異なるので、利用する予定のお店にお問い合わせください(対象店舗であればどこの店舗でもレンタルは可能です)。

見放題作品数は最大という触れ込みのU-NEXTが約15000本でそれほど違わないように思えますが、映画は約5300本(U-NEXTは約8000本)で見劣りします。なぜだろうと調べてみると、「その他」のジャンルが約2300本あり、そのほとんどがグラビアでした。

見放題の映画の内容も、人によるのでしょうが今ひとつ「これが見たいから入ろう」と思えるようなものはありませんでした。海外ドラマは『ウォーキング・デッドのシーズン9』などはありましたが、本数は少ない(126タイトル)ので、見たい作品はすぐに見きってしまうのではないかという印象です。

動画見放題(海外ドラマ)の例

新作映画が目当てならTSUTAYA TVはあり(U-NEXT、Amazonプライムビデオと比べても)

見放題がいまいちなのに対して、有料配信の作品のクオリティは高いものがあり、U-NEXTやAmazonプライムビデオに見劣りしません。価格もほぼ同じと言っていいでしょう。(例えば『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』はTSUTAYA TVで440円~、U-NEXTで550円、Amazonプライムビデオで390円~、2020年1月現在)

価格もラインナップもほぼ同じとすると、U-NEXT、Amazonプライムビデオと比較してどちらが得でしょうか。

月額料金はAmazonプライムビデオが約500円、TSUTAYA TVが約1000円、U-NEXTが約2000円。Amazonはポイントなし、TSUTAYAは1100ポイント、U-NEXTは1200ポイントです。

新作映画を見るとAmazonは追加の費用がかかるので、TSUTAYAのほうが安上がりになります。なので、新作映画を毎月2本くらい見たい!という方にはTSUTAYA TVはありだと思います。

動画リスト(新作)の例

定額動画ポイントプランでいいじゃないか(水曜どうでしょうの新作も見れるし)

そう考えると、1,089円で1300ポイントがもらえる定額動画ポイントプランでいいじゃないかという気がしてきました。どうせ見放題に見たい作品がないのなら、+60円で+200ポイントもらえるこちらのプランのほうがお得。これで新作映画が毎月2-3本見れます。

そして、映画から離れると、TSUTAYA TVの動画には「水曜どうでしょう2019新作」がラインナップされています(1本300円)。水曜どうでしょうはご存じの方も多いと思いますが、大泉洋さんが八面六臂の活躍をする北海道ローカルバラエティ番組。その新作が2019年の12月から北海道で放送開始、2020年に入って各地のローカル局でも放送が始まりました。

この新作がTSUTAYA TVでレンタルで、しかも北海道での放送直後から見ることができるのです。1本300円であれば、4週分が1300ポイントでまかなえます。他に見られるのはHTBオンデマンドだけのようなので、ポイントで見られるのは非常にお得ではないでしょうか。

そして、「水曜どうでしょうclassic」もTSUTAYA TVにはラインナップされています(1本200円~)。ほかにも同じ北海道HTBで大泉洋さんが出演する「おにぎりあたためますか」もあります。

このように魅力的なコンテンツが有料レンタルのところにたくさんあるので、無料お試し期間が終わったら、定額動画ポイントプランに移行することを私はおすすめしたいと思います。

「水曜どうでしょう」での検索結果(例)

より幅広い作品が見たいなら宅配とのパックがおすすめ(U-NEXTと比べても)

最後に、本当に映画が好きで毎月10本以上の映画を見るよという方は宅配とのセットをおすすめします。

私も動画配信サービスが普及する前は、このDISCASを長く使っていました。すでに書きましたが、70,000タイトル以上のDVDがあり、見たい映画が枯渇することはほぼありません。しかも新作でも月8本まで借りれるのでポイントがどうとかいう心配をする必要もありません。

ただ、デメリットもあります。1つは、返却から次が届くまでタイムラグがあること。2枚単位で借りて返したら次が借りられる仕組みなので、返してから次が来るまで1日から数日のタイムラグはあります。

もう1つは新作がすぐに借りられるとは限らないこと。貸し出すDVDの数に限りがるので、借りたいものがすぐに全て借りられるわけではありません。会員は借りたいものリストを作成し、1位から順番に順位付けをします。貸し出す本数より借りたい人が多い場合は順番待ちになり、1位にしたとしても下位の作品が先に届くことになります。

つまり、動画配信のように見たい作品をすぐに見られるわけではないというところに注意が必要です。

U-NEXTとTSUTAYAの「動画見放題+定額レンタル8」プランとの価格差は約500円、 本当にたくさん映画を見るという方はこちらも候補に入れてもらっていいのではないかと思います。

「動画見放題+定額レンタル8」プラン のおためしが30日間無料になっていますので、気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。